猟団「ひな鳥」の迎撃戦記録

9/8(金)に始動開始した私の団「ひな鳥」
同時に迎撃戦への連戦のスタート
「どうせなら最初の迎撃戦で40マス達成し、特別猟団部屋を目指したい。それが私の団のスタート」
と自分に意気込み、9/13(水)0時に丁度40マス達成出来ました。
mhf_20170914_004041_797.jpg mhf_20170913_000519_206.jpg

団員はまだ私以外いませんが、ボーナスクエストの実装や、ケオアルボルの連戦を繰り返し、見事特別猟団部屋への入出許可を得る権利を入手
様々な方が一人で40マスまで進めたと耳にしていましたが、計画通りに進めないと定期メンテナンスまで間に合わない事を再認知
先人の方々は慎みの無い努力をしていると改めて実感した日でもありました。

そして特別猟団部屋へ足を踏み入れます。
mhf_20170914_004154_013.jpg mhf_20170914_004233_359.jpg 
見慣れた光景ですが、私にとっては感情深いものを感じます。
今は共に喜びを分かち合える方もいませんが、一人、この嬉しさを感じて本日はログアウトした夜ですね。


MHFを新規デビューしたり、復帰しても現環境をご存知無く、孤立してメゼポルタを多く去った方々を私は見てきました。
ラヴィ開始前は、暇があったらヘルプ募集に参加し、クエスト連戦に付き合ったり、G級序盤の流れを教えると喜んでその先へ走る方々
完全に自己満足。見方を変えれば偽善者やおせっかい
でも、そんな方々が日に日に防具も強化し、フレンドや猟団を見つけた時は自分のように嬉しかったですね。

しかし全部がそうは行きません。大体8割の方が肌に合わないのか、G級昇格と共に引退されました。
何もアドバイスが無かったらフルグレンG装備とか作成してその先積んだとか言ってますもん。
そんな装備で野良参加も白い目で見られるし、ソロでも勝てない。なら辞めるって

ここからはあの時の延長戦
今でも困っている方に声をかけて話すのは好き。昔も今も変わんない。
なのでいっそ猟団を作成し、そこでMHFの基本を学んだら別の団に巣立てれる環境があったら新規者は喜ぶのかなと。
なので決意して作成
猟団「ひな鳥」
猟団ランクも2で団機能はぜんぜん無いので不便です。

ですが、ぼっちで困っているならどうぞ。
私が装備完成まで付き合います。
フレンドがいないならどうぞ。
一緒に遊びましょう。

そんな私の団でした。
今度入団予定者が1名います。
その方にMHFでの楽しさがより伝われば満足です。

スポンサーサイト
プロフィール

くろ

Author:くろ
くろと申します。
「ブログ」を書くのは初心者で不慣れです。
期間限定不定期更新な自己満足ブログですので、特別面白い内容も書けません。
ただ、今の事を目に残せるようにしたいだけです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR